【買ってよかった&修理】サーモスのタンブラー水筒のパッキンの付け方・修理


こんばんさ~~~~~!

突然ですが、THERMOSの水筒って最高ですよね。

最近は、これを愛用しています。
友達の結婚パーティーでゲームに勝っていただいたものでーす。


サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 350ml エスプレッソ JNO-351 ESP

毎朝ホットコーヒーをドリップしてこれに入れて、夫が職場に持参しています。
朝7時にアツアツホットコーヒーを入れて、
18時でもまだしっかり熱いホットコーヒーのままです。すごい保温力!

 

容量は350mlを使用中。

350mlコーヒーカップ1杯半ぐらいだし、ちょっと少ないかな?と思ったのですが、
ずっとホカホカで、ちびちび飲むことになるので、うちの夫にはちょうどいいみたい。

少し残して帰ってくる日と飲みきってくる日が半々ぐらいです。
ペットボトルサイズなのでカバンにもすっぽり入っていい感じ。

(コーヒー大好きな人には500mlがあるのでそっちがおすすめ。)
そんな便利なTHERMOSちゃん。

なんか知らんけど、夫が「漏れた!!!」と騒いで、IKEAのジッパーバッグに入れて持って帰ってきました。

 

え?なんでなんで?

「ゴム(パッキン)触ってたら、外れたからつけたら漏れた」とのこと。

 

解体してみると、こんな感じで3つのパーツに分かれます。

ボトルと内蓋(飲み口)と蓋(上の蓋)。

 

 

左が内蓋。右が外蓋。

そして、2つの蓋に、それぞれパッキンがあります。

 

ちなみに、夫が独断で修理したパッキンは、こんな感じで、外の蓋に2つパッキンを付けていました。
これが漏れていた原因でした~

 

ちなみに、THERMOSの漏れはカバンが汚れるだけじゃなくて、保温力の高さから手を火傷するおそれもあるのが怖い!
漏れ、絶対だめ!

 

わざわざ写真撮ったので、パッキンの付け方を画像つきで解説しまーす。

 

まずは、画像の左。内蓋(飲み口部分)の付け方。
つまみのようなタブが付いているパッキンが、内蓋のパッキンです。

タブが下(外?)になるようにはめ込みまーす。

 

見えにくいかも知れませんが、蓋の溝にパッキンの溝がしっかりはまるように。溝で溝を挟み込むように。

 

次は、外の蓋とつまみの付いていないパッキンをつけます。

こんな感じで。

ぱちっと。

 

 

これが完成図!

 

以上です!

 

これで、漏れゼロに戻りました~~ よかった~~~

別に難しくもなんともないことですが、意外と(夫が)苦戦したので、アップしておきまーす。

 

ちなみに、THERMOSの公式オンラインストアではパッキンや蓋だけでも購入可能でした。

 

以上!!!!

 


サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 350ml エスプレッソ JNO-351 ESP


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA